医師紹介

竹内和男院長

院長 竹内 和男

科目
一般内科 消化器内科

ごあいさつ

大学医学部を卒業後、すぐに虎の門病院の内科に入職しました。以来、41年間の長きにわたり、内科・消化器内科診療ひとすじに歩んでまいりました。この間、数多くの患者さんの診療を通して、貴重な体験をし、このことは私の宝となっています。消化器内科の臨床では、特に腹部の超音波診断を専門とし、それを中心にCT検査・MRI検査など数多くの画像診断を手掛けてきました。

医療はサービス業です。受診された患者さんが納得し、喜んでいただけるような診療を心掛けています。モットーは、医療は“skill and heart”。質の高い医療技術(skill)はもとより、患者さんにとって心温まるおもてなしの心(heart)が大切と思っております。よろしくお願いします。

経歴

昭和49年3月 横浜市立大学医学部卒業
昭和49年4月 虎の門病院内科研修医
昭和55年4月 虎の門病院消化器科医員
平成1年4月 虎の門病院消化器科医長
平成6年4月 虎の門病院消化器科部長
平成18年4月 虎の門病院副院長・消化器内科部長
平成25年3月 帝京大学内科非常勤講師(退職)
平成27年4月 虎の門病院非常勤嘱託医

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 総合内科専門医
  • 肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本超音波医学会専門医・指導医
  • 難病医療費助成制度における指定医
  • 日本医師会認定産業医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本超音波医学会
中谷  龍王

中谷 龍王

科目
一般内科 呼吸器内科

ごあいさつ

虎の門病院での長きに亘る臨床経験を活かして、ガイドラインに則るだけではなく、患者さんの生活背景や生き方まで配慮した診療を旨とし、最良の治療を目指します。呼吸器の病気で悩む方のお役に立つことが出来れば、こんなに嬉しいことはありません。また、風邪や生活習慣病についても、お気軽にご相談ください。

経歴

昭和52年3月 金沢大学医学部卒業
昭和52年4月 虎の門病院内科研修医
昭和57年4月 虎の門病院呼吸器科医員
平成6年4月 虎の門病院呼吸器科医長
平成15年1月 伊勢丹健康管理センター センター長
平成23年4月 伊勢丹新宿本店産業医(平成29年9月まで)
平成15年1月 虎の門病院呼吸器センター内科非常勤嘱託医(平成29年9月まで)

資格

  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会認定呼吸器専門医・指導医
  • 感染症学会専門医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本感染症学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本肺癌学会
吉田 行哉

吉田 行哉

科目
消化器内科(内視鏡)

ごあいさつ

虎の門病院を経て目黒区の三宿病院で25年間にわたり多くの消化器疾患を経験させていただきました。患者さんやご家族と共に悪戦苦闘してまいりましたが、その臨床経験をクリニックという場で活かしたいと考えています。また、胃や大腸の内視鏡検査を年間1500件余り行ってきましたが、三宿病院を全国でも有数の経鼻内視鏡の施設に育ててまいりました。そのモットーは患者さんに優しい内視鏡です。クリニックでは、看護師を始め医療スタッフと協力して、患者さん中心の消化器臨床を行って参ります。

経歴

昭和53年3月 慶応義塾大学医学部卒業
昭和53年4月 虎の門病院内科研修医
昭和60年4月 虎の門病院消化器科医員
平成5年4月 三宿病院消化器科医長
平成12年4月 三宿病院消化器科部長
平成22年12月 三宿病院消化器科部長 兼 健康医学管理センター長
平成29年6月 三宿病院 退職

資格

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本ヘリコバクター学会H.pylori感染症認定医
  • 日本人間ドック学会認定医、人間ドック健診情報管理指導士
  • 日本医師会認定産業医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本ヘリコバクター学会
  • 日本人間ドック学会
小林 美絵子

小林 美絵子

科目
一般内科 非常勤

ごあいさつ

虎の門病院での内科医、循環器専門医としての研鑽、14年勤務した長期療養型病院での多岐に渡る高齢者全身管理と、ご家族も含めた生活面や精神面でのお手伝い、身近なクリニックでの外来・健診業務など、様々な医療現場での経験を積んでまいりました。
これを活かし、迅速な治療・対応から、当院専門科や高度医療機関へのご紹介まで、お一人お一人にとって、最適なお手伝いができますよう、皆様のお話に耳を傾け、努めてまいります。まずは、お気軽にご受診下さい。

経歴

昭和64年3月 横浜市立大学医学部卒業
平成元年4月 虎の門病院内科研修医
平成6年4月 虎の門病院循環器センター医員
平成7年4月 虎の門病院非常勤嘱託医
平成7年7月 都立広尾病院循環器科非常勤医
平成11年1月 今井病院(埼玉県)非常勤医
平成13年6月 虎の門病院健康医学センター非常勤医
平成14年5月 城東病院(山梨県)内科非常勤医
平成28年4月 甲府共立病院(山梨県)内科非常勤医
平成29年6月 複数医療機関にて、内科外来・人間ドック・健診業務担当

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 介護支援専門員

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本老年医学会
上山 淳一

上山 淳一

科目
一般内科 非常勤

ごあいさつ

虎の門病院で培ってきた内科一般(特に血液)の診断、治療経験を活かして、患者様にとって、何がベストかを一緒に考えていきたいと思っています。また、虎の門病院と連携を取りながら、行っていきたいと思います。

経歴

昭和60年3月 鳥取大学医学部卒業
昭和60年4月 虎の門病院内科研修医
平成2年4月 虎の門病院血液内科医員
平成16年4月 和光会光病院内科、虎の門病院非常勤嘱託医

資格

  • 日本内科学会認定内科医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本血液学会
石綿 清雄

石綿 清雄

科目
循環器内科 非常勤

ごあいさつ

気楽に話ができる環境を大事にします。また、様々な病状に応じてよりよいQOLを得られるように、しっかりとした診断と、十分な生活指導や薬物治療を行います。病診連携施設の虎の門病院での診療も並行して行っており、入院精査加療が必要な際には、各診療科との連携のもと、スムーズに移行することも可能です。

経歴

昭和59年4月 大阪医科大学卒業
昭和59年4月 虎の門病院内科研修医
昭和63円4月 虎の門病院循環器センター内科医員
平成2年 東京都老人総合研究所PETセンター特別研究員(兼任)
平成8年 Andreas Gruentzig Cardiovascular Center of Emory University留学
平成13年 虎の門病院循環器センター内科医長
平成18年 虎の門病院循環器センター内科部長
平成19年 虎の門病院臨床生理検査部部長兼任、臨床工学部部長兼任

資格

  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 心臓病学科特別正会員(FJCC)
  • 米国心臓病学会認定特別専門医(FACC)
  • ヨーロッパ心臓病学会認定特別専門医(FESC)
  • 日本インターベンション学会指導医、名誉専門医
  • 日本医師会認定産業医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本脈管学会
  • 日本冠疾患学会
  • 日本インターベンション学会
  • AHA(米国心臓協会)
  • ACC(米国心臓病学会)
  • ESC(ヨーロッパ心臓病学会)
小林 哲郎

小林 哲郎

科目
糖尿病内科 非常勤

ごあいさつ

私は約39年にわたり虎の門病院、山梨大学病院で幅広い糖尿病診療にたずさわって来ました。その間、私が確信したことは「患者さんと医療者が適切なコミュニケーションを取りながら糖尿病を早期から治療すれば、糖尿病の合併症である腎不全や失明などを予防することができる」ということです。糖尿病の治療法の進歩もめざましいものがあります。当院での糖尿病診療では、虎の門病院をはじめとする他の医療機関と連携して最新の医療を提供したいと思います。

経歴

昭和49年3月 金沢大学医学部卒業
昭和49年4月 虎の門病院内科研修医
昭和55年4月 虎の門病院内分泌代謝科医員
昭和56年4月 冲中記念成人病研究所研究員 (兼)
平成 1年4月 虎の門病院内分泌代謝科医長
平成13年9月 山梨医科大学第三内科教授
平成14年10月 山梨大学医学部第三内科教授
平成14年10月 山梨大学医学部付属病院 副病院長(平成19年3月まで)
平成15年4月 山梨大学大学院医学工学総合研究部医学部第3内科教授
平成26年4月 公益財団法人冲中記念成人病研究所所長
山梨大学名誉教授

資格

  • 日本糖尿病学会認定医・指導医
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科内科専門医
  • 日本内科学会認定内科専門医

所属学会

  • 日本糖尿病学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本内科学会
森 保道

森 保道

科目
糖尿病内科 非常勤

ごあいさつ

糖尿病や脂質異常症を専門に診療しています。虎の門病院と密接に連携して、皆様の健康増進にお役に立てれば幸いです。

経歴

平成2年3月東京大学医学部卒業
平成2年4月東京大学付属病院内科研修医
平成4年4月朝日生命成人病研究所丸の内病院医員
平成11年3月東京大学大学院医学系研究科内科学専攻修了
平成11年9月リール・パスツール研究所多因子遺伝疾患研究室留学
平成13年7月横浜市立大学内科学第3専任講師
平成16年6月帝京大学溝口病院第4内科講師
平成17年7月同助教授
平成17年8月虎の門病院内分泌代謝科部長

資格

  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
  • 日本内科学会内科専門医

所属学会

  • 日本糖尿病学会 評議員
  • 日本内科学会
  • 日本内分泌学会
大原 國章

大原 國章

科目
皮膚科

ごあいさつ

皮膚科が扱う病気は種類が多く、重症度も様々ですし、治りやすい病気もあれば治りにくい病気もあります。そのなかで数としては少ないですが、命にかかわる皮膚癌も忘れてはなりません。私は東大病院、虎の門病院での経歴の中で、一貫して皮膚癌、あざ、血管腫、瘢痕、潰瘍などの外科的な治療を専門にしてきています。癌であれば完全に取りきることを優先しますが、手術後の仕上がりにも十分に配慮した手術を行います。手術にあたっては、正確な診断に裏打ちされた適切な手術方法を選択することが大切で、そのためには、ダーモスコピーを用いた臨床診断と、顕微鏡による病理診断が欠かせません。手術、ダーモスコピー、病理については数多くの論文発表や学術書の執筆もおこない、学会でも指導的役割を果たしています。国内、および海外からも多くの研修医師を受け入れ、指導してきました。

経歴

昭和48年9月 東京大学医学部卒業
昭和48年11月 東京大学医学部付属病院皮膚科助手
昭和55年4月 同講師
昭和59年4月 虎の門病院皮膚科部長
平成19年4月 同副院長
平成24年4月 同非常勤
平成24年4月 駒込病院非常勤
平成27年1月 広尾病院非常勤

資格

  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • インドネシア大学連携教授

所属学会

  • 日本皮膚科学会 名誉会員
  • 皮膚病理学会 理事
  • 皮膚悪性腫瘍学会 名誉会員
  • 日本皮膚外科学会 理事長
赤城 久美子

赤城 久美子

科目
皮膚科 非常勤

ごあいさつ

週1回、皮膚科を担当します。長野県出身。
大学病院での研修、助手を経て昭和51年より都立駒込病院に勤務しました。以来40年間様々な皮膚病の患者さんを診療し、ほぼすべての皮膚病変を経験しております。得意分野はアトピー性皮膚炎、湿疹、ヘルペスなどの皮膚感染症ですが、皮疹で悩むすべての方に真摯に向き合いたいと思っております。 

経歴

昭和48年3月 東京大学医学部卒業
昭和48年7月 東京大学医学部皮膚科文部教官助手
昭和49年4月 茨城県立中央病院皮膚科医員
昭和51年4月 東京都立駒込病院皮膚科医員
昭和62年6月 東京都立駒込病院皮膚科医長
平成20年3月 同退職
平成20年4月 東京都立駒込病院皮膚科非常勤医員
平成29年6月 同退職

資格

  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

所属学会

  • 日本皮膚科学会
熊川 孝三

熊川 孝三

科目
耳鼻咽喉科

ごあいさつ

虎の門病院に31年間在籍し、医長、部長として耳鼻咽喉科の全般にわたり、多くの患者さんを治療して参りました。当初は脳外科医であり、また共済組合の基幹病院として、腫瘍を含めたすべての疾患を治療して参りましたので、クリニック医師となっても幅広い対応が出来るものと自負しております。特に、力を注いだのは難聴の診断と治療、および遺伝診療です。虎の門病院で聴覚センター、遺伝診療センターを立ち上げ、わが国における人工内耳、人工中耳、骨伝導型補聴器、聴性脳幹インプラントなどの人工聴覚器治療の多くの成果を作ってきました。また、数少ない遺伝専門医として、難聴およびさまざまな疾患リスクの遺伝子診断も加味して、その方に合った最善の治療方針を提案いたします。病を改善させることは患者さんのみならず、医師の喜びでもあります。そのために医師を探す努力をされた方々には、それにお応えする医師の責任があり、真摯に対応させていただきます。

経歴

昭和51年 順天堂大学医学部卒業 同脳神経外科学研修医
昭和54年 東京大学医学部付属病院耳鼻咽喉科、文部教官助手、医学博士号取得
昭和59年 虎の門病院耳鼻咽喉科医員
昭和62年 わが国での人工内耳の治験を開始
平成2年 虎の門病院耳鼻咽喉科医長 
平成13年 シドニー大学Royal Prince Alfred Hospital耳鼻咽喉科クリニカルフェローとして人工内耳および電気生理学的聴覚検査の研究に従事(6か月間)
平成19年 虎の門病院耳鼻咽喉科部長・聴覚センター長
平成21年 骨埋込型補聴器BAHAの治験開始 
平成23年 人工中耳VSBの治験開始
平成24年 臨床遺伝専門医取得し、遺伝診療センター長兼務
平成26年 人工内耳手術500例達成し、オーストラリア政府より感謝状授与される
平成27年3月 虎の門病院、神尾記念病院の非常勤医師として診療、手術にあたる

資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
  • 補聴器相談医
  • 騒音性難聴担当医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会評議員
  • 日本耳科学会評議員
  • 日本聴覚医学会評議員
  • 日本耳鼻咽喉科臨床学会
  • アジアパシフィック人工内耳学会Faculty member
  • 日本人工臓器学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 人工中耳・内耳研究会世話人
  • 音楽家医学会世話人
阿部 聡子

阿部 聡子

科目
耳鼻咽喉科 非常勤

ごあいさつ

弘前大学大学院在学中に米国ボーイズタウン国立研究病院へ留学、終了後は東京大学医科学研究所にて難聴の遺伝子研究に従事、現在は難聴医療を中心に耳鼻咽喉科疾患全般について診療しております。エビデンスに基づいた丁寧な診療を心がけ、一人一人に寄り添う医療の提供を目指します。また、難聴の遺伝子診断には長年携わっていますので是非ご相談ください。毎週水曜午後に診療しております。

経歴

平成5年3月 弘前大学医学部医学科卒業
平成5年5月 弘前大学耳鼻咽喉科医員研修医
平成6年4月 青森労災病院耳鼻咽喉科研修医
平成7年4月 弘前大学医学部大学院耳鼻咽喉科学講座
平成11年3月 弘前大学医学部大学院医学研究科卒業
平成11年4月 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター(ポスドク研究員)
平成15年4月 株式会社ビーエムエルBML総合研究所(リサーチレジデント)
平成16年6月 あべ耳鼻咽喉科アレルギー科院長(平成27年12月まで)
平成19年4月 虎の門病院耳鼻咽喉科非常勤医

資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 臨床遺伝専門医
  • 補聴器相談医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本耳科学会
  • 日本聴覚医学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本遺伝カウンセリング学会
黒澤 和宏

黒澤 和宏

科目
泌尿器科

ごあいさつ

私が泌尿器科を専攻したのは、初診から診断・治療・治療後の経過まで一貫して長い間、患者さんと向き合うことができる診療科だからです。また、外科的治療から内科的治療まで幅広く経験できる診療科であることも魅力でした。進行癌に対する拡大手術や低侵襲な腹腔鏡手術など様々な外科的治療に携わった一方で、透析や救急医療、他科と連携した集学的治療も経験し、緩和医療でのお看取りも行ってきました。これまで培ってきた経験を生かし、病気だけを診るのではなく、対話を通じて心身共に皆様の支えとなる外来を作っていきたいと考えております。コミュニケーションを大切に、親切丁寧な診察・対応を行っていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

経歴

平成14年3月 昭和大学医学部卒業
平成14年4月 昭和大学泌尿器科研修医
平成18年6月 災害医療センター泌尿器科医員
平成19年4月 虎の門病院泌尿器科医員
平成29年9月 虎の門病院泌尿器科非常勤嘱託医

資格

  • 日本泌尿器科学会 専門医
  • 日本泌尿器科学会 指導医
  • 日本性機能学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 腹腔鏡手術技術認定医
  • 厚生労働省健康局長 緩和ケア研修会修了
  • 日本医師会認定産業医

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本性機能学会
  • 日本泌尿器腫瘍学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本透析医学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本排尿機能学会
  • 日本Men’s Health医学会
  • 日本アンドロロジー学会
北川 浩明

北川 浩明

科目
産婦人科

ごあいさつ

準備中

経歴

昭和53年3月 東京大学医学部医学科卒業
昭和53年6月 東京大学医学部附属病院 産婦人科研修医
昭和54年9月 小平記念東京日立病院 産婦人科医員
昭和55年11月 東京大学医学部附属病院 産婦人科医員
昭和56年7月 東京大学医学部附属病院 産婦人科文部技官助手
昭和57年5月 埼玉県立がんセンター 産婦人科医員
昭和58年7月 東京大学医学部附属病院 産婦人科文部教官助手
昭和61年6月 藤枝市立志太総合病院 産婦人科医長
平成5年10月 社会保険中央総合病院 産婦人科部長
平成17年7月 虎の門病院産婦人科部長
平成29年4月 同産婦人科非常勤嘱託医

資格

  • 日本産科婦人科学会専門医

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
山田 正三

山田 正三

科目
間脳下垂体外科 非常勤

ごあいさつ

私は、下垂体腫瘍、頭蓋咽頭腫を中心に4000例以上の間脳下垂体疾患の外科治療を行なってきました。この経験を活かし、間脳下垂体疾患でお困りの患者さんの診療やセカンドオピニオンを行います。そして外科的治療が必要となった場合には虎の門病院など関連施設で私自ら手術も行いますので、新たな患者さんもご心配なく受診してください。また虎の門病院で診療を継続してきた患者さんには、クリニックの利点を生かし、診療までの待ち時間をできるだけ無くし、従来同様の医療水準を維持し、個人個人にあったテイラーメイド医療を継続していきますので安心しておかかりください。

経歴

昭和52年3月 秋田大学医学部医学科卒業
昭和52年4月 虎の門病院脳神経外科専修医
昭和61〜62年 トロント大学病理学教室留学
平成4年8月 虎の門病院脳神経外科医長
平成16年10月 虎の門病院内分泌センター センター長
平成17年4月 虎の門病院間脳下垂体外科 部長
平成24年4月 虎の門病院副院長

資格

  • 脳神経外科専門医

所属学会

  • 日本脳神経外科学会 評議員
  • 日本内分泌学会 理事
  • 日本間脳下垂体腫瘍学会 理事
  • 日本臨床内分泌病理学会 理事長