消化器内科(内視鏡)

担当医

診療時間

AM
9:00 - 12:30(受付8:30 - 12:00)
PM
13:30 - 17:00(受付13:00 - 16:30)
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM
吉田 吉田 吉田 吉田 吉田 吉田 吉田

診療の基本方針

消化器内科専門医・内視鏡専門医である吉田医師が担当します。
消化器内科(内視鏡)を標榜していますが、内視鏡検査を目的とする科ではありません。患者さんが訴えるお腹や胸の症状を診断するために、必要であれば上部・下部の内視鏡による検査を行います。
内視鏡検査は患者さんの症状を診断するための一つのツールと考えています。ですから、内視鏡が苦痛を伴う検査であってはなりません。もちろん悪性疾患や腫瘍性の病変を見逃してはなりません。吉田医師の永年の経験と最新の内視鏡機器を用いることで、苦痛が少なく精度の高い検査を安心して受けていただけるように努めます。上部の検査は経鼻内視鏡が基本です。
早く病状を知りたいというお気持ちの患者さんがほとんどですので、スピード感のある検査・診察を行います。最終的には医師の判断によりますが、朝食を抜いて来院していただければ当日の胃内視鏡検査も行います。また、一日で胃と大腸の内視鏡検査も可能です。(要予約)
症状により診断に腹部超音波検査も必要となりますので、消化器内科の竹内先生と連携して診療を行います。

対象とする症状・疾患

症状

食欲不振、体重減少、倦怠感、発熱、上腹部や下腹部の腹痛や背部痛、上腹部のもたれ感・重圧感、腹部膨満感、便秘・下痢、血便、胸焼け・呑酸・咽頭部違和感など困った症状があれば何でもご相談下さい。

疾患

食道・胃・十二指腸および大腸の腫瘍性疾患の早期発見、ヘリコバクター・ピロリ胃炎の診断と治療、慢性胃炎、逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、径10㎜以下の大腸ポリープの内視鏡切除、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患、虚血性大腸炎、大腸憩室症、慢性便秘症、過敏性腸症候群、虫垂炎など、腹部疾患の多岐にわたります。

使用する主な医療機器

内視鏡の光源装置はレーザー光を使用した富士フィルムメディカルのLASEREOです。
レーザー光を駆使することで病変の見落としを極力少なくします。疑わしい所見があった場合にはレーザー光で近接あるいは拡大観察を行ない、粘膜の微細な構造の観察により腫瘍か否かの鑑別をします。
食道•胃•十二指腸の観察には径5.8㎜の極細径のレーザー内視鏡を用います。基本的には経鼻挿入で行いますが、経口でも可能です。この内視鏡は比較的柔軟な構造になっており、鼻腔や消化管粘膜に優しく、胃の観察では見落としが起こりにくいと考えています。
大腸の観察には高解像度CMOSセンサーを用いたレーザー内視鏡を使用します。内視鏡の挿入部分の硬さを患者さんの大腸の状態に合わせて調整し、苦痛の少ない検査を行います。