熊川 孝三


KOZO KUMAKAWA

熊川 孝三

経歴

昭和51年 順天堂大学医学部卒業同脳神経外科学研修医
昭和54年 東京大学医学部付属病院耳鼻咽喉科、文部教官助手、医学博士号取得
昭和59年 虎の門病院耳鼻咽喉科医員
昭和62年 わが国での人工内耳の治験を開始
平成2年 虎の門病院耳鼻咽喉科医長 
平成13年 シドニー大学Royal Prince Alfred Hospital耳鼻咽喉科クリニカルフェローとして人工内耳および電気生理学的聴覚検査の研究に従事(6か月間)
平成19年 虎の門病院耳鼻咽喉科部長・聴覚センター長
平成21年 骨埋込型補聴器BAHAの治験開始 
平成23年 人工中耳VSBの治験開始
平成24年 臨床遺伝専門医取得し、遺伝診療センター長 兼務
平成26年 人工内耳手術500例達成し、オーストラリア政府より感謝状授与される
平成27年 虎の門病院、神尾記念病院の非常勤医師として診療、手術にあたる

資格

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
補聴器相談医
騒音性難聴担当医
身体障害者福祉法第15条指定医
昭和大学医学部耳鼻咽喉科客員教授

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会評議員
日本耳科学会評議員
日本聴覚医学会評議員
日本耳鼻咽喉科臨床学会
アジアパシフィック人工内耳学会Faculty member
日本人工臓器学会
日本人類遺伝学会
人工中耳・内耳研究会世話人
音楽家医学会世話人

ごあいさつ

虎の門病院に31年間在籍し、医長、部長として耳鼻咽喉科の全般にわたり、多くの患者さんを治療して参りました。当初は脳外科医であり、また共済組合の基幹病院として、腫瘍を含めたすべての疾患を治療して参りましたので、クリニック医師となっても幅広い対応が出来るものと自負しております。特に、力を注いだのは難聴の診断と治療、および遺伝診療です。虎の門病院で聴覚センター、遺伝診療センターを立ち上げ、わが国における人工内耳、人工中耳、骨伝導型補聴器、聴性脳幹インプラントなどの人工聴覚器治療の多くの成果を作ってきました。また、数少ない遺伝専門医として、難聴およびさまざまな疾患リスクの遺伝子診断も加味して、その方に合った最善の治療方針を提案いたします。病を改善させることは患者さんのみならず、医師の喜びでもあります。そのために医師を探す努力をされた方々には、それにお応えする医師の責任があり、真摯に対応させていただきます。

熊川 孝三 WEBサイトへ

再診予約・お問い合わせ

TEL03-3583-8080

【電話受付】月~金 8:30~17:30

※予約無しでも受診可能です

 初診の方はこちら

東京都港区赤坂一丁目8番1号赤坂インターシティAIR 地下1階

電車でお越しの方

東京メトロ銀座線・南北線 「溜池山王」駅直結 徒歩約5分
東京メトロ千代田線・丸ノ内線 「国会議事堂前」駅直結 徒歩約10分

車でお越しの方

当ビル地下2階の一般駐車場(有料)をご利用になれます。

詳細なアクセス方法を見る